【エラの張りをすぐに改善】ボトックス小顔の効果を徹底解説

レディ
  1. ホーム
  2. 顔の悩みを解決して美しく

顔の悩みを解決して美しく

顔を触る人

気軽に受けられる美容法

顔が大きく見える原因としては、シワによるたるみや、生まれ持った骨格の作りが考えられますが、原因に合った処置を行うことで、小顔になれる可能性があります。小顔効果が期待できる処置はたくさんありますが、その中でも注目されているのが、ボトックス注射によってエラやシワをなくす方法です。ボトックスとは、土壌など身の回りに存在しているボツリヌス菌から抽出されたタンパク質で、一時的に筋肉麻痺を生じさせる効果があります。顔のエラに付着した筋肉に、直に注射することで、筋肉の動きを麻痺させ、筋肉そのものを小さくする効果が期待できます。また、表情筋の麻痺によってシワが軽減、または消滅できる効果もあるため、シワによるたるみの解消にもつながり、小顔効果が期待できます。ボトックス注射の一番のメリットは、傷跡や副作用がほとんどなく、処置が短時間で終わるため、気軽に受けられることです。手術でエラを削るような美容整形術とは異なり、痛みがほとんどないため、麻酔の必要がないことも大きな特徴です。中には、ボトックス注射の後に内出血や腫れの症状が出る人もいますが、一週間ほどで戻通りになるため、副作用の心配がほとんどないと言えます。ボトックス注射を受けた人は、フェイスラインがすっきりと見えるため、むくみが取れたようにほっそりと小顔になれたという口コミがたくさん見られるのが特徴です。今、小顔になりたい人に注目されているボトックス注射は、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一つを、筋肉に直接注入する施術法です。筋肉に注入されたタンパク質が、一時的な筋肉の麻痺を誘導し、筋肉を収縮することで、エラやシワ、たるみが解消されます。これらが軽減、消滅することでフェイスラインがスッキリと見え、小顔効果が期待できるとして、顔の大きさにコンプレックスがある人に人気となっています。ボトックス注射では、一時的に筋肉が麻痺状態になるため、ある程度の時間が経つと、その効果が消滅するという特徴があります。そのため、一度の注射では小顔効果が持続しないため、効果が切れ始めた時に、再び注射をする必要があります。効果の持続期間は個人差がありますが、顔がたるんできたなと自覚症状があった場合は、再度ボトックス注射を受けることがおすすめです。美容整形外科によっては、施術のお得なセットメニューや、会員割引など、お得な制度を設けている病院が多くあります。保険適応外の自由診療の場合、高額な費用がかかる場合もありますが、このようなサービスを利用して、長く続けて処置を継続すると大変便利でお得です。ボトックス注射は、メスを使わない施術であるため傷跡がなく、副作用もほとんどないため、顔に損傷を残さない優しい施術と言えます。顔の大きさに悩んでいる人は、副作用を気にする必要がなく気軽に受けられるボトックス注射をおすすめします。