自宅の安全を見守る監視カメラ|設置で安心ホームセキュリティー

男性

自宅の安全を守るもの

モニター

みなさんの家にはカメラってありますか。ああ、デジカメとか一眼とかそういうカメラじゃなくって、いわゆる防犯カメラとか監視カメラとかいうやつです。最近では個人で買えるようなものもあるので意外と普及しているんじゃないかなと思ったんですけど、そうでもないんですかね。
私のうちには最初なかったんですけど、この前ついに付けました。というのも、最近周りで物騒な事件が起こっていまして。子供が変質者に遭遇したり、泥棒が入ったり。うちの子はまだ変質者の被害にはあっていませんけど、泥棒はこの間入られかけましたね。あとで聞いた話なのでわからないんですけど、近くの人が見かけて追い払ってくれたらしいです。もし誰にも見られなかったらと思うとゾッとしますね。だから思いきって防犯カメラ・監視カメラを設置することにしたんです。

昔は企業や豪邸、各種施設なんかの限られた場所にしかなかったカメラ類ですけど、一般家庭でもそれなりに見られるようになりました。こういった事件が起こるから防犯カメラや監視カメラの需要は高まっているんだと思います。同時に、子どもやお年寄り、ペットなんかに発信機を持たせるというケースも増えてきています。変な事件が多いですし、何かあったときにすぐ場所がわかる発信機はなかなか便利だと思います。迷子になったりしてもわかりますしね。防犯カメラや監視カメラ、発信機なんかを揃えるのはなかなかに難しいかもしれません。発信機も買うとなるとなかなか高いですからね。ですが、防犯ということを考えるのであれば選択肢として考えておくのもアリだと思います。

監視カメラの設置以外にも、ガードマンが雇えるホームセキュリティーも近年需要が高まりつつあります。ガードマンは強盗などが押し入った場合など、警察に代わって検挙することはできないため、雇ったところでそれほど意味はないのでは、と考える人もいるでしょう。しかし、ガードマンがいることで警察へスムーズな連絡を行なうことができるので、防犯対策としては高い効果があります。また、火災などの重大な問題にもホームセキュリティーは対応してくれるので、防災に対しても高い効果を得ることが出来るでしょう。最近は録画機が不用でSDカードが一体型になるようなタイプのカメラも出てきています。SDカード一体型だとより軽く、設置もしやすくなるでしょう。

カメラの種類による違い

セキュリティカメラ

防犯カメラと監視カメラには、具体的に明確な違いというものは書かれていません。監視カメラは監視をメインにしており、録画機能がついていないものもあります。防犯カメラには録画機能がついているので、犯人を特定することに向いています。

» 詳細を読む

防犯の意識を高める

警備員

住宅への空き巣による被害を防ぎたいという場合はホームセキュリティーを導入することが重要になります。防犯の意識を高めることによって空き巣からの警戒心を強くさせることが出来るようになります。

» 詳細を読む

長時間の撮影に対応

カギ

建物内の状況について把握できるように監視カメラを設置しておくことが必要になります。機器の種類も豊富であり、中には長時間の撮影にも対応しています。万が一事件が発生した場合でも証拠を押さえられます。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 自宅の安全を見守る監視カメラ|設置で安心ホームセキュリティー All Rights Reserved.